トップページ»  当院におけるシミ治療

当院におけるシミ治療

当院におけるシミ治療

治療開始前

 

当院ではトレチノイン・ハイドロキノン漂白療法をシミの治療に取り入れています。トレチノインとはビタミンA(レチノール)の誘導体で、生理活性はレチノールの約50-100倍であり、ビタミンA類の体内での生理活性の本体そのものであります。トレチノインはアメリカではしわ・にきびの治療医薬品として、FDAに認可されており、非常に多くの患者さんに皮膚の若返り薬として使用されています。当院では東大病院形成外科で公開されているプロトコールを参考に治療しております。多くのしみは、表皮の一番深い層(基底層)周辺にメラニン色素が沈着しています。この層には色素細胞と呼ばれるメラニン色素を作る細胞があります。通常市販されている美白剤は、色素細胞がメラニン色素を新しく作る量を減らすような働きをする有効成分が少し含まれてはいますが、非常にその作用が弱いうえに、現在沈着しているメラニン色素を外に出してしまうような作用は全くないため、すでに存在しているしみは良くなりません。
 トレチノインは、表皮の深い層にあるメラニン色素を外に出してしまう働きを持っています。トレチノインは表皮の細胞を活発に増殖させるために、表皮の細胞はどんどん押し上げられていき、そのときにメラニン色素を一緒に持って上がっていき、2~4週間でメラニン色素を外に出してしまいます。これがトレチノインの特長です。
本治療では、この期間ずっと、強い漂白剤であるハイドロキノンを作用させて、色素細胞に新しいメラニン色素を作らせなくしておきます。そうすると結果的に、表皮はメラニン色素の少ない、きれいな新しい皮膚に置き換えられることになります。
自由診療で行っております。
シミ、小じわでお悩みの方はお電話でご予約ください。

 

1クール終了後

 

頬のシミが薄くなっているのがご覧いただけましたでしょうか?
トレチノインには他にも皮脂腺の働きを抑えることでニキビの予防効果があります。また、真皮でコラーゲン分泌を高め、長期的には、皮膚の張り、小じわの改善効果をもたらします。写真でも毛穴が目立たなくなり、みずみずしい皮膚になっているのが分かります。